みずほ銀行カードローンはこんなに便利!みずほ銀行カードローンの8つの特徴を教えます!

みずほ銀行カードローンの特徴を知りたい!

みずほ銀行カードローンは、大手銀行のみずほ銀行が提供しているカードローンです。みずほ銀行が提供しているので、とても信頼性が高く、安心して利用できるメリットがあります。

みずほ銀行カードローンの申し込み条件はフリーターでもパートでも構いませんが、安定収入が必要です。なので、無職や年金暮らしでないかぎりはほぼ審査には通るのでその点は安心してください。

また、みずほ銀行カードローンの場合は、なんと専業主婦であっても利用できます。ただし、配偶者に定収入があることが条件となります。

みずほ銀行カードローンの利点は?

どのような利点があるのかですが、なんと利用限度額が1000万円まであります。これは業界でも最高水準と言ってもいいくらいの金額です。

他の銀行の場合だと、多くても800万円までなので、みずほ銀行カードローンがいかに凄いのかがわかりますね。

しかもみずほ銀行は総量規制の対象にはなりませんので、年収によって利用限度額が決まることはありません。

消費者金融は年収の3分の1までしか借り入れができませんが、みずほ銀行だとそれ以上の借り入れができるので困ったときには頼りになります。

気になる金利は何%なのか?

カードローンを利用するにあたってやはり気になるのが金利です。みずほ銀行の場合はどのような金利を提供しているのでしょうか。

みずほ銀行であれば、なんと金利がたったの3.5%からなので、毎月の負担も少なくて済みます。また、最高金利でも14%になります。消費者金融よりもずっと低い金利だということがわかります。

また、この金利はコンフォートプランといいまして、一般的な金利です。

実はみずほ銀行にはエグゼクティブプランという特別金利がありまして、この金利だと最高でもたったの7%という驚異の金利でカードローンを利用できます。

他の銀行よりもずっと金利が低い

このように、みずほ銀行の場合は他の銀行よりもずっと金利が低いので、非常に使い勝手が良いです。平均的な銀行カードローンの金利は14%なので、コンフォートプランでも十分それよりも低いことがわかります。

金利はいくら支払っても元金は減りませんので、少しでも金利は低い方がいいに決まっています。

みずほ銀行を利用すれば、同じ額のカードローンを利用しても他の銀行よりもずっと返済が楽なので、カードローン選びに迷っている方はぜひみずほ銀行に申し込みするといいでしょう。

実は専業主婦でも申し込み可能に!

先ほども少し触れたのですが、2010年に改正貸金業法というのが定められたので、実はこれまで可能だった専業主婦のカードローンの利用が途端に難しくなってしまったのです。

しかし、みずほ銀行とジャパンネット銀行、そして楽天銀行や三菱東京UFJ銀行に限っては専業主婦の利用が可能になっている、銀行カードローンの中では貴重な存在になっています。

なので、みずほ銀行を利用すれば、専業主婦の方でもいざというときにはきちんと利用できるので安心してください。

他にはない自動融資サービスがある

さらにみずほ銀行には、他の銀行カードローンにはない自動融資サービスがあります。

自動融資サービスとは、毎月の支払いのときに入金忘れなどがあって、引き落としができない場合に自動で融資するというサービスです。

これにより、支払い忘れを防止することができるので、とても便利に活用することができます。

ただし、これは要するにまたローンが増えることになるので、うっかりのときは仕方ありませんが、なるべく支払い忘れのないようにしておかないと、いつまで経っても元金は減らないので注意してください。

みずほ銀行の口座が無いと不便

このように、みずほ銀行にはとても便利なサービスがありますが、基本的にはみずほ銀行の口座を所有していないと、これらのサービスを受けることはできません。

カードローンの契約ができませんし、自動融資サービスも受けることはできません。なので、カードローンの審査に通ったら、とりあえず口座を作るようにしてください。店頭で申し込みすればすぐにできます。

みずほ銀行をメインバンクにしていない方にとってはこの辺りのことは不便に思うかもしれませんが、普段から使っている人にとっては特に問題ありませんね。

スピード重視で融資を受ける方法

実はみずほ銀行の場合、カードローンの申し込み方法によって融資を受けるまでのスピードが変わります。できることならカードローンは素早く利用できた方がいいのは当たり前の話です。

では、どうすればスムーズに入金までたどり着くことができるのでしょうか。

みずほ銀行の口座を持っている場合はネットから申し込みすればすぐに入金されますし、口座を持っていない場合なら口座を作るついでに店頭で申し込みする方がいいでしょう。

下手に郵送で済まそうとすると、1週間以上かかることがあるので注意してください。