みずほ銀行カードローンを返済するときの方法とは?手数料いらずの返済方法を教えます!

みずほ銀行カードローンの返済は2種類ある

みずほ銀行カードローンであれば、毎月決まった日に返済する方法と、自分の好きなタイミングで返済する方法の2種類あります。

毎月の返済は約定返済といいまして、契約したときに定められた日の返済となります。この場合は口座から自動引き落としになります。

一方任意返済の場合であれば、ATMもしくはみずほダイレクトからの返済になります。任意返済をすると元金がどんどん減っていくので、早期返済をしたいのであれば、積極的に利用するといいでしょう。

そうすれば、余計な金利の支払い無しで利用できます。

約定返済の場合は手続き不要

約定返済するときには、契約したときに引き落とし金額が設定されているので、どのくらいの金額がいつ引き落としされるのかがすでに決まっている状態になります。

なので、特に手続きが必要になることはありません。

みずほ銀行カードローンの場合は、毎月10日が引き落としになります。そして、10日が休業日の場合であれば翌営業日の返済になります。

引き落としの際には余計な手数料はかかりませんが、残高不足になると延滞扱いになってしまうので注意が必要です。

なので、普段からみずほ銀行にお金は入れておくようにしてください。

みずほダイレクトで任意返済しよう

みずほダイレクトを利用することで、いつでも好きなときに返済することができます。いちいち早期返済のために電話することがありませんので、とても便利です。

また、手数料は無料ですし、24時間対応なので積極的に利用したい機能です。

みずほダイレクトを利用するときには、専用画面から金額が暗証番号を入力すれば大丈夫です。このときには操作ミスの無いように正確に入力してください。

返済が間違い無く行われると、受付番号が発行されますので、万が一のときに備えてきちんと保存するようにしてください。

みずほ銀行はATMでも返済可能!

みずほダイレクトでも返済可能ですが、ATMでも返済はできます。また、カードローン専用型カードを持っている方だけゆうちょ銀行も利用できます。

ちなみに、ATMの場合は利用できる時間帯が決まっていたり、手数料がかかったりしますので、その点には注意しましょう。

ATMは基本的に夕方6時までの利用となり、土日だけ5時までになります。

また、コンビニATMやゆうちょ銀行のATMだと108円から216円の手数料がかかります。

みずほ銀行内のATMならば手数料無料なので、気になる方はみずほ銀行行内にするといいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みずほ銀行カードローンは収入証明書不要で申し込み可能!カードローンの手続きが楽に...

みずほ銀行カードローンを増額したいときはどうすればいいのか?増額申請の方法を教え...

みずほ銀行銀行カードローンの審査に通るための条件とは?審査内容は緩いって本当?

みずほ銀行カードローンと消費者金融はどちらの方がメリットがあるのか調べてみた!

【要注目!】みずほ銀行カードローンで即日キャッシングするための方法とは?

【比較】みずほ銀行カードローンは他の銀行カードローンよりもどこが優れているのか?